2010/03/21

うなぎ蒲焼「五匠鰻」お取り寄せ(鹿児島県山田水産)

先日テレビ番組で紹介していた「無投薬うなぎ」です。

にほんブログ村 グルメブログへ



「鰻師」加藤尚武という方が作る、無投薬のうなぎがある…
そんなことを、テレビ朝日「地球号食堂」で放送していました。

放送では、鰻の稚魚から育てる過程で、普通は多かれ少なかれ薬を使う…、
それは、鰻が病気にならないように…ということらしいのだけれど、
それを全くの無投薬で育てられている鰻があるということで興味を持ちました。

「鰻師」
「無投薬鰻」
「山田水産」
というキーワードで検索してみると、この鰻がヒットしました。

生の鰻そのものではなく、すでに蒲焼になっているもののレトルト包装のようでした。
レトルトものには、独特の匂いや食感があるので、あまり好きではありませんが、
それでも「無投薬」という魅力に押されて購入してみた次第です。

注文から8日目に届きました。
IMG_1320.jpg
その名も「五匠鰻」。

五匠鰻とは、その名の通り、五人の匠によって作られた鰻(らしい)です。

 ・「鰻師」・・・・・加藤尚武(鹿児島)
 ・「焼酎杜氏」・・・大牟禮良行(鹿児島)
 ・「赤酒杜氏」・・・岩根豊生(熊本)
 ・「醤油杜氏」・・・堺留夫(大分)
 ・「焼師」・・・・・市川成洋(鹿児島) (以上敬称略)

の五人とのことで、各分野で匠の技を発揮している…ということのようです^^
IMG_1321.jpg
画像に薀蓄が書いてありますので、ちょっと読みにくいですが、
気になる方は読んでみてください。


届いたその日の夕食に1尾を食べてみました。
私なりの小細工はせずに、パッケージにある通りの方法で食べてみました。
まずは電子レンジで温め、オーブンで少し炙りました。

お味の方ですが、タレはかなり薄味です。
肝心の鰻は、変な臭みがなく素直な味…というのか、食べやすい鰻でした。

でも…、う~ん、思っていたより小骨が歯に当たりますね^^;
そんなに柔らか…というわけではありません。

  これは逆にレトルトとすれば、あまりあり得ないこと?と思います。
  レトルトって、カレーの中のジャガのように食感がなくなってしまうと思うんですが、
  小骨が歯に当たるなんて、逆に新鮮ではありましたが、あまりよろしくないのも事実。

次回はひと手間加えてもう少し柔らかくしたいですね。
蒸篭で少し蒸すことで、もっと美味しく食べることができそうです。

ってわけで、その様子は次回記事にてご紹介します^^

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

(注)全ての記事内容はあくまで私の主観ですので、その点ご理解の上お読み下さい。

Posted by KAZ 2010_03_21_


拙い記事を最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

応援クリックを、是非ヨロシクお願いいたします!!
いずれか1つでも結構ですので、ポチっとご協力をお願いします!
ポチっとご協力頂けると、次の記事への意欲がグンと高まります^^


にほんブログ村 グルメブログへ




関連記事

コメント

非公開コメント