記事一覧

電子レンジで作るバターチキンカレー~レンジdeカレー

前日のトマトソース煮込みの残りをリメイクして「バターチキンカレー」を作りました。引き続き「レンジdeカレー」を使って電子レンジのみで作りました^^

IMG_3694j.jpg


一晩おいたカレーは美味しい…といいますが、これは電子レンジ料理でも同じなんですね^^

前日、ハンバーグを煮込んで肉の旨みが加わったトマトソースの残りに、さらにトマト缶を加えて「バターチキンカレー」を作りましたが、前日苦労した「コク」や「うまみ」が出ていて美味しいカレーができました(≧▽≦)

いわゆるリメイクですね…。

IMG_3692j.jpg
使ったのはインスタント…なんですが、ベースが良かったせいか、なかなか美味しかったですよ。。。ちなみに、「ローソンフレッシュ」から購入しました♪




carry_midashi001.jpg

作り方は超簡単です💦

前日作ったトマトソースの残りを「レンジdeカレー」に入れて、ざく切りにしたトマト缶(※)を足し、チキンと野菜を加えてレンチンするだけ…です。


ただ鶏肉は生のまま入れていません。

前記事でご紹介した~チキンを焼かせたら右に出るモノはない~「レンジでマルチパン」を使って焼いています。

塩・胡椒・ナツメグ・オールスパイス等で下味を付け、片栗粉をまぶしてから焼きました。

片栗粉を塗しておくことで、カレーをレンチンした際に、トロミがつくように…という狙いです。
(糖質制限的には片栗粉ナシをお勧めします^^;)


IMG_3691j.jpg IMG_3693j.jpg

左:加熱前~具材とソースを混ぜてからレンチンします。
右:加熱後~分かりにくいですが、具材が馴染んでる感じです。



スポンサーリンク




carry_midashi002.jpg

具材を混ぜてレンチンするだけの超簡単カレーですが、前日のトマトカレーの残りの旨みで美味しいカレーができました(((o(*゚▽゚*)o)))

IMG_3695j.jpg

狙い通り、程よいトロトロ感があって◎です。

私的には、サラサラのカレーがあまり好きではないので、どんなカレーでもトロトロ感が重要です(笑)。



手順としてはレンチンするだけ…と非常にシンプルですが、いくつかの「コツ」らしきものがありました。
  1. トマトソースの残りをベースに使った

    前日のトマト煮込みハンバーグで苦労した「コク」や「旨み」が最初から入っているので、特にアレコレ対策しなくても美味しいカレーができました。『一晩おいた…』は、「レンジdeカレー」を使う上での«キモ»かもしれません。

  2. 事前に片栗粉をまぶして鶏肉を焼いた

    カレーをレンチンした際にトロミがつくことが狙いです。結果狙い通り、程よくトロトロになっていました。

    また鶏肉の表面を焼き固めることで、旨や水分が逃げず、ジューシーで美味しくなったように思います。

  3. 時短にこだわらず、温⇒冷を何度か繰り返した

    これはチキンに味をしみ込ませることが目的です。繰り返すといっても、そんなに時間をかけている訳ではありません。意識としては、「余熱」の時間をより長くするイメージかな?

    500~600Wでかねつすると「レンジdeカレー」程度の料なら数分でブクブクしてきますので、レンジを止めて放置しておく…を3回ほど繰り返しただけですので、全部で20分程度しか時間は伸びていないと思います。

    「レンジdeカレー」のレシピを少しアレンジした方が、より美味しくなるように思います^^



    もちろん、今回も「土鍋の蓋」は使いました。

    遠赤外線が増えるのかどうか、それによって、より柔らかくなったのかどうか…、確かめることはできないですが、気持ち的には効果あり…です(笑)。。。



    バターチキン、残念ながら残りませんでした(≧▽≦)


    次はリメイクできないなあ…💦



    スポンサーリンク






    よろしければ応援お願い致します。
    にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ






    関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

スポンサーリンク

応援お願いいたします

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

お勧めコンテンツ

製パン材料なら…

■ふすまパンミックスはこちら…

カテゴリー

Seiyu.com