2015/09/06

ご挨拶~私の糖質ダイエットについて

ようこそ!当ブログへ♪

当ブログは、突然思い立った「糖質ダイエット」で-20kgを達成した、パンが大好きなおっさんのブログです。

20150907_001.jpg


若かりし頃のベスト体重は64kgぐらいだったと思いますが、暴飲暴食や運動不足、さらに代謝能力の低下など、年齢を重ねるごとに大きく重くなった身体…^^;

なんとかしたいと、時々思い出したように様々なダイエットを試みてみましたが、どれも長続きしなかった私です。

特に「睡眠時無呼吸症候群」になってからは、医師からもダイエットを強く強く勧められ、カロリー制限を中心とした対処をしてみましたが一向に痩せる気配なしでした。


それが、何かで仕入れた情報~糖質を抑えることで痩せられるらしい~から、何気なく糖質制限を開始、1か月ほどで体重が数キログラム減ったことから、本格的に糖質制限を開始したんです。

最初はやみくもに、手あたり次第に「糖質」を摂らないことに専念しましたが、徐々に、実生活に支障のない範囲の自分有のルールが出来上がり、それを続けることで成果を出すことができました。



私なりのルール。

それはとてもシンプルなことです。

「ご飯・パン・麺・芋・菓子類」を食べない事です。

それも、体重が70kgを割るまで…という、期間限定にしました。


このルールは、NG食品が少ないこと(主に主食とお菓子)と、期間限定なので、それをクリアすればまた食べられる…という「希望」のようなものがあるのが救いです。

期限を設けないと、途中で甘いものを食べたい欲求を、どう処理していいか分からなくなりますが、期限があるので、達成さえすれば「罪悪感」なしに食べられる…という思いで続けられたように思います。



糖質制限で一定の成果を出せたことの大きな理由に、自家製のブランパンがあります。

糖質制限開始直後は、ローソンのブランパンを毎日のように購入していました。

ちょうどその頃やっていたキャンペーンで、ハローキティの飾り皿を楽勝で貰えるだけのシールを貯められたぐらい…です(笑)。

でも、ローソンのブランパンにしろ、外出時の食事にしてもコストがかかってしまうのが大きな問題でした。

ファミレス等では、セットメニューではご飯やパンが付くのでNG。

単純にごはん・パンを抜くとお腹がいっぱいにならないので、二人前を注文する…とか、

安上がりな「丼」「ラーメン」「定食」の類はNGなので、割高な単品を注文せざるを得ない…等々。



そんな時に、自宅でブランパンが焼けることを知り、さっそくレシピや材料を調達。

富沢商店から、「ふすまパンミックス」という製品が発売されていて、これをレシピ通りに作ってみたわけです。

元々ホームベーカリーのパン作りは好きでしたから、ブランパン作り自体は難しいこともなく、手順も戸惑うことはなく、すんなり作ることができました。



スポンサーリンク




でも、くさい!

今でも苦手ですが、ふすまの臭いはどうにも鼻についてしまって…^^;

でも、ご飯もパンも麺もNG…という自分で作ったルールの中で、唯一食べられる「主食」を、臭いから…だけで却下してしまう気になれなくて、それから毎回配合を換え、様々な「臭い消し」になるものを加えてみました。

その結果、少量の「シナモン」と「ココアパウダー」が臭みを減らし、ぐっと食べやすくなることを発見!

これが大きかったです^^

この「臭い消し」を見つけられなかったら、糖質制限ダイエットを成功させられたかどうか…ぐらい大きいです。


20150907_001.jpg

その他にも、材料点数が多く、作業工程も面倒な「ふすまパンミックス」に付属のレシピを簡単に改良しました。

以下が私のブランパンレシピです。

■ふすまパンミックス150g

■小麦グルテン50g

■塩 1g(ミックスに入っているのでごく少量)

■シナモンパウダー少量(お好みで)

■ココアパウダー(小さじ1ぐらい)

■オリーブオイル 20g

■ドライイースト 3.5g

■水(冬季はぬるま湯) 210g

HBで焼き上げる場合は、これらを「早焼き」で焼きます。

整形したり、パン型使用などオーブンで焼く場合は、220度で30分焼きます。

焼きが弱いと、型崩れしますので、しっかり焼きたいのですが、温度が高いと焦げるので…。

改良点は、「卵」や「溶かしバター(」を使わないことで手間を簡略化しています。

また、オリーブオイルの健康効果もちょっぴり期待しています^^



-20kg達成後は、味や食感を改善するため「グルテン→強力粉」に変更しています。

若干、糖質量は増えますが、味が格段に良くなります。ダイエットにならないほどではありません。


途中、停滞期が何度かありました。

昨年春に開始して、夏場に1回、冬にもう1回ありました。

夏は1か月ぐらい体重が減らなくなりました。

冬は2週間ぐらいだったと思います。

そんな時でもジタバタせずに、「ちゃんと制限しているんだから、そのうち減るさ」と気長に構えていました。

停滞期を超えると、ストンと体重が落ちるので、それを楽しみに…^^



スポンサーリンク




あと気を付けているのは、カロリーはあまり気にしないようにしています。


身体には糖質は必要ない…と過激なことをおっしゃる方もいらっしゃいます。

考え方はそれぞれなので否定は致しませんが、私はある程度は必要…という説を支持しています。

糖質を制限した分、タンパク質を摂取しないと足りない糖質を筋肉から補うため、どうしてもタンパク質が足りなくなるようです。

余談ですが、それゆえ、お年寄りが糖質制限をすると、筋力が落ちて寝たきりになってしまうケースもあるそうです。


ですから、お肉は逆に多く食べるようになりました。

脂滴るステーキや焼肉を遠慮なく食べちゃっています^^

成果達成後は、揚げ物も気にせず食べるし、時々はご飯やパンも食べちゃっています。

カレーとか、どうしてもご飯がいる食べ物ってありますから(笑)

それでも、普段は相変わらず主食を食べないことで、減った体重は十分維持できます。


ざっと私の糖質制限をご紹介しましたが、カロリー制限など、他のダイエットと比較すると、私的には非常にやりやすかったダイエット方法だと思いますし、一定の成果達成後には、さらに楽な食生活で体重を維持できるますので、私は糖質制限ダイエットをお勧めします^^

そんなわけで、当ブログは、私の糖質ダイエット的な料理をメインに掲載しています。




にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ



コメント

非公開コメント