FC2ブログ

2010/12/21

餃子まん

先日の肉まんが好評だったのに気を良くして再チャレンジ…です^^
今回は、餃子の餡を流用して「餃子まん」にしてみました。

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ




肉まん(豚まん)だと、豚コマとか豚バラとかを使いますが、
餃子用の餡なので、挽き肉です。しかも合い挽き^^;


  ちなみに、関西で肉まんをなぜ「豚まん」と言うか…ご存知です?
  昔聞いたことがあるんですが、関西では「肉」というと「牛」が当たり前なので、
  肉まんと称すると、多くの人が牛肉まんだと思ってしまうので、
  正しく伝えるために「豚まん」というのだそうです。


という余計な解説からすれば、今日の餃子まんは、関西においても半分肉まん…な訳です。
だから何だ?と言われても困りますが、ただ挽き肉だ…と言いたかっただけです^^;



  ・合い挽き肉
  ・キャベツ、玉ねぎ、長ネギ、にんにくを細かく刻んで混ぜます。
  ・塩、胡椒、ごま油などで味を調えます。

  以上で餃子の皮に包んで餃子を20個ほど作り、夕飯のおかずにしました^^

  残った餡に、春雨、しいたけを刻んだものを加えます。
  醤油、オイスターソース、中華味などで濃い目の味付けをして、
  別途、ホームベーカリーで作った生地で包みます。
  (今回の生地は薄力粉100%で作りました)

  P1010746b.jpg
  粉をふった容器に入れて一部は冷凍保存へ…。

  今回はちょと小技を使ってみました。
  前回、餡がジューシーだったのは良かったのですが、水分が生地に染み出してしまい、
  翌日には生地が汚くなってしまったことを踏まえて、今回は寒天パウダーを使いました。

  つまり、餡が冷えている間は固まっていますが…、

  P1010747b.jpg
  蒸して熱くなると汁気が溶けてジューシーになる…って目論見です^^



_P1010736b.jpg

具が餃子…、でしょう?^^
ニラは使っていないので、さほど違和感はなかったんですが、
それでも、やはり肉まんというよりは「餃子の餡」なんですよね^^
でも、それはそれで旨かったでした。

ただ、同じ挽き肉でも、「まん」にするには、牛はない方が良さそうです。
少し固くなる感じなのと、牛の匂いが肉まんらしくありませんでした^^;


パン作りには若干飽きた感が否めませんが、
今は中華まん作りがちょっと楽しいワタクシ…。
次は何を包んぢゃいましょうか…^^

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

Posted by KAZ 2010_12_21_


拙い記事を最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

応援クリックを、是非ヨロシクお願いいたします!!
いずれか1つでも結構ですので、ポチっとご協力をお願いします!
ポチっとご協力頂けると、次の記事への意欲がグンと高まります^^


にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ




関連記事

コメント

非公開コメント